簡単にできる紅茶

食後や3時のおやつのおともに飲まれる機会の多い紅茶の歴史について、説明します。

紅茶の歴史

食後にホッと一息と言えば、コーヒーもしくは、最近人気の紅茶でしょうか?

紅茶は、中国では古来より不老長寿の霊薬として、高貴な方々が不老長寿を信じ、愛飲されていたお茶になりますが、

一般的に飲まれるようになったのは、6世紀になります。

ちなみに、紅茶の木は、ウーロン茶と同様のツバキ科常緑樹になり、中国雲南省からチベット、ミャンマーの山岳地帯に自生していたと伝わっております。

その紅茶がヨーロッパに伝わったのが、17世紀。

世界各国を旅し、様々な国と海上貿易を行っていたオランダから中国へ、18世紀にはイギリスへと伝わり、イギリスの貴族社会で広まり、今に至るのです。

その昔、お茶と言えば、緑茶が主流でしたが、海上貿易により中国のウーロン茶がサッパリとした飲み心地で人気となり、

発酵を繰り返しているうちに、紅茶が誕生したとのことです。

17世紀、イギリスに登場した紅茶は、現在のような嗜好品ではなく、不老長寿、いわゆる万病に効果のある東洋の秘薬なる意味を持つお茶という認識でした。

が、チャールズ2世に嫁いだポルトガル王女キャサリン妃が、

その当時、貴重なものだった砂糖を持参しており、紅茶に砂糖を入れて香りだけでなく甘みも楽しめる、

今風のカフェで飲むような気軽な感覚で飲める紅茶として、習慣付けたのです。

その紅茶が日本に伝わったのは、明治20年。

輸出先は、イギリスになります。

ヨーロッパからもたらされた紅茶は、約100グラム。

紅茶が高貴な人々だけに愛され、一握りの人々にしか飲むことができない高価な飲み物だったことが想像できるのはないでしょうか?

現在では、紅茶は様々な方に親しまれ、紅茶専門店KHORAのような、Webサイトでも購入できます。

中でも紅茶ギフトセットは贈り物に最適です。